エンタープライズ向けブロックチェーン
ソラミツはHyperledgerProjectのメンバーであり、Hyperledger Irohaフレームワークに貢献しています。

Hyperledger Iroha

Hyperledger Iroha Kaizen
Hyperledger Irohaは、実直なDLT技術であり、日本のカイゼン原理に基づいています。 Hyperledger Irohaは、デジタル資産や個人ID管理のニーズに不可欠な機能を備えていると同時に、企業のニーズに対応することも可能な、効率的で信頼性の高いビザンチン・フォールトトレラント性を備えたツールです。
技術概要
Hyperledger Irohaが他のソリューションと異なる点
Apache 2.0ライセンスの下でのオープンソース
Linux FoundationのHyperledger Projectがソースコードの著作権を所有しています。つまり、世界中の誰であっても、オープン環境とプライベート環境の双方で、Hyperledger Irohaをベースにした任意のアプリケーションを開発することが可能です。
シンプルで手軽 - 迅速な展開
Hyperledger Irohaの最初のノードを起動するの必要な時間は、たった10分です。
信頼性の高いAPIをあらゆる基本操作に
コマンドAPIは安全性が高く、専門家によって予め検証されています
クライアント本位
多くのライブラリやサンプルケースを備えており、さまざまな言語でHyperledger Irohaベースのアプリケーションを、簡単に開発することができます。
特徴
プライベートブロックチェーン
プライベートで堅固なブロックチェーンを容易に作成可能です
分散型システム
安全で確実なアクセスのため、あなたの業務データを簡単に分散させることが可能です
クライアントアプリケーション
iOSやAndroidなど、さまざまなプラットフォーム上のクライアントアプリケーションでの開発基盤を提供します
コミュニティ
国際的なオープンソースコミュニティのメンバーとして加わりましょう
展開が容易
ほぼ全てのブロックチェーンのユースケースに、十分ですぐに活用可能な一連のコマンドやクエリにアクセスが可能です
スマートコントラクト
スマートコントラクトのカスタマイズをサポート予定です(近日対応)
Hyperledger Irohaに貢献する、Soramitsuのユースケース
Hyperledger Irohaを使用することで、ほぼ全ての情報をトークン化し、あなたのビジネスにブロックチェーンを簡単に活用することができます。以下は、その一例です。
支払手段:Bakong
既存の決済手段において多くの場合は、送金確認の受取が遅いこと、または、テクノロジが複雑すぎることで、分散型システムのソリューションを使用することができません。

Hyperledger Irohaは、組み込みのコマンド、許可、役割、複数の署名を持つアカウント、およびバッチを使用して、決済手段に迅速かつ明確なオプションを提供します。資産管理は、従来の中央集権型システムと同様にシンプルでありながら、必要となるセキュリティ保証を提供します。デジタル資産の作成と譲渡に必要なルールとコマンドを簡素化することで、使用開始への障壁を低くしながらも、高いセキュリティ保証を両立します。Bakongは、Hyperledger Irohaブロックチェーンを使用してカンボジア国立銀行(NBC)とソラミツが共同開発した決済手段です。
資産管理:D3 Ledger
マルチシグネチャ(複数署名)機能をサポートし、複数のマネージャーによって資産を管理することが可能です。ファンドの保有する資産は統合的に管理されることが望ましく、その複数署名者は投資担当者とポートフォリオからの分配を扱う担当者の双方であるべきだと考えています。

担当者のひとりは、元のトランザクションと担当者の署名のうちの1つを送信することで取引を確認できます。トランザクション定足数設定で管理者に設定された、必要な数の確認(定足数)を受け取るまでは取引が完了しないよう、Hyperledger Irohaはトランザクションを保留にします。
アイデンティティ管理:SORA
Hyperledger Irohaは、個人ID管理を本格的にサポートしています。システム内の各ユーザーは、個人情報を持つユニーク識別アカウントを持ち、各トランザクションはこのユニーク識別アカウントによる署名によって、特定のユーザーに関連付けを行うことができます。この機能により、Hyperledger IrohaはKYC(Know Your Customer)機能を備えたさまざまなアプリケーションに最適なソリューションとなります

SORAは、ユーザーそれぞれが、どのプロジェクトやアイデアをサポートし、そしてどのプロジェクトやアイデアをサポートしない、という意思決定するためのさまざまな機会を人々に提供します。経済を強くし、世界を改善することで全員が恩恵を受ける経済的な試みを開始します。
資料とコードの取得
あなたがHyperleger Irohaをスタートすることを手助けする、コミュニティの用意したガイド資料はこちらです
コミュニティ
コミュニティに参加する

TelegramGitterHypeledger Rocket Chatにご参加ください。多くのメインテナー、コントリビューターやフェローのユーザー達が、あなたを手助けしてくれます。
コミュニティに貢献する

Hyperledger Jiraを通じて、問題と改善策をご提案ください。
メーリングリストに参加する

コミュニティのメーリングリストを購読することで、最新の重要なニュースを受け取ることができます。あなたのメッセージも、Irohaコミュニティに展開することができます。
質問する

[hyperledger-iroha]タグを使用することで、あなたの質問をStackOverflowに記載することができます
News
2019.05.6
Hyperledger Iroha v 1.0をリリースしました。 Hyperledger Irohaの信頼性と有効性かつてないほどに高まっています。
2018.11.15
ブロックチェーン技術を利用したスマートコントラクト保険の実証実験実施について: あいおいニッセイ同和損害保険株式会社様のウェブサイトにリンクします 株式会社シーエーシー様のウェブサイトにリンクします
2018.06.27
Hyperledger Hackfest Amsterdam 2018でいろはハッカソンに参加しましょう
2018.06.22
Iroha v1.0 beta-3をリリースしました。
2018.06.21
Innopolis Universityのセキュリティおよびネットワークエンジニアが、HyperledgerIrohaに貢献しています
よくある質問
Q: Hyperledger Irohaとは何ですか?
A: プライベートブロックチェーン(分散型台帳)を開発できるフレームワークです。Irohaはネットワークではなく、独自のブロックチェーンネットワークを作成できるフレームワークです。
Q: ブロックチェーンを作成するための他の選択肢との違いは何ですか?
A: Hyperledeger Irohaはシンプルで処理速度が早く、C++で作成されています。コンセンサスアルゴリズムは「YAC」と呼ばれ、信頼できるビザンチン・フォールトトレラント性を備えています。単純なARMデバイスに、Irohaノードを設置することも可能です。
Q: Hyperledger Irohaの特徴を教えてください
A: Irohaには次のような特徴があります

YAC - ノードのうちのいくつかが故障している場合や、いくつかのノードが信頼できない場合でも、分散型台帳の安全性を確認するコンセンサス形成機能を備えています

マルチシグネチャ - トランザクションを決済するために、一つの署名だけでなく、複数の署名を必要とするよう、オプションで設定することができます。ひとつの操作について、複数の人々によって署名されることを必要とすることが可能です。セキュリティを重視する環境において、有効な選択肢を提供します。

クライアントライブラリ - 携帯電話やタブレット、その他のプラットフォームで、ほとんどすべてのプラットフォームでアプリケーションを作成できます。また、C++と優れたアーキテクチャによって、単純なARMデバイスを使用して実際のノードを設置することもできます。
Q: 他のHyperledger Frameworksではなく、Hyperledger Irohaを使用する理由は何ですか?
A: Hyperledger Frameworksは排他的に競合するプロジェクトではなく、特定の目的に最適化するために開発された様々なオプションです。Irohaはシンプルな構造であり、使い始めるのはとても簡単です。アセット取引と簡単なアカウントデータの変更に最適化されています。
Q: Hyperledger Irohaはスマートコントラクトをサポートしていますか?
A: Irohaは「コマンド」と呼ばれる一連の定義済みのコントラクトを用意しています。コマンドを活用して、ユーザーデータとアセットを使用し、さまざまな操作に簡単に転用することができます。また、カスタムコマンドも今後作成する予定です。もしご興味があれば、是非コミュニティにご参加ください!
Q: Hyperledger Irohaはどんなプロジェクトで活用されていますか?
A: Irohaは決済システムや、デジタルアセットの保管を提供するD3Ledgerプロジェクトで使用されています。また、コミュニティメンバーの一部は、トークンを作成してデータを転送するための医療関連プロジェクトでIrohaを使用しています。 プロジェクトでIrohaを使用するための新しい方法を見つけることもできます。
連絡先
住所:150-0001 東京都渋谷区神宮前1-5-8 神宮前タワービルディング 13階

メール: info@soramitsu.co.jp
Become use case partner
Company Name
Last name
First name
Department
E-mail
Phone
Company logo
Upload your logo image
WebPage for logo link
Release date
If you have release date, please write.
Use cases under consideration