PRESS RELEASE
ソラミツ株式会社
☎ 03-6635-2705
プレスリリース
2021 4月27日水曜日

元ソニー会長の出井伸之氏がソラミツ顧問に 就任

~日本発のブロックチェーン技術で世界の社会問題解決を推進~

日本発のブロックチェーン技術で世界をリードするソラミツ株式会社(代表取締役:宮沢和正、以下:ソラミツ)は、元ソニー会長でクオンタムリープ株式会社 代表取締役会長 ファウンダーの出井伸之氏を今春より顧問に迎えました。グローバルなネットワークとプロダクト·デザインやマーケティングなどの豊富な知見を持つ出井氏をお迎えすることにより、ブロックチェーン技術の社会実装を促進し、世界の様々な社会問題解決を推進していきます。
2020年10月28日、ソラミツとカンボジア国立銀行が共同開発した世界初の中央銀行デジタル通貨「バコン」(Bakong) の正式運用がスタートしました。また、同年7月10日には、日本初のデジタル地域通貨「白虎」が福島県会津若松市の会津大学にて正式運用がスタートしました。これらのシステムには元々はソラミツが開発し、現在はThe Linux Foundationが管理する「ハイパーレジャーいろは」(Hyperledger Iroha) というオープンソースのブロックチェーン技術が活用されています。「ハイパーレジャーいろは」は、モスクワ証券取引所グループの証券保管振替やインドネシアのBCA銀行の本人確認システムなどでの採用実績があり、様々なアセット管理、アイデンテティ管理、サプライチェーンマネジメントに最適な、高速·大量処理を特徴としたブロックチェーン·フレームワークです。






写真:Hyperledger Irohaの
正式リリース時の記者発表と出井氏
(左から二人目)

"この度、顧問としてソラミツに参加いたしました。ソラミツは、ブロックチェーンの処理速度や処理性能を大幅に向上し、電力を消費する、プライバシーがない、スケーラビリティに限界があるなどの従来のブロックチェーンの課題を次々と解決し、世界の政府·金融機関·企業などに幅広く採用されています。
今まさに世界中の中央銀行では、デジタル通貨の検討が進められており、様々な企業においてもブロックチェーンの社会実装が進められています。ブロックチェーンは、今後の社会のデジタル化において根底から構造を変えるポテンシャルを持っており、Web3.0と呼ばれる新しいトラストを実現したインターネットの進化に寄与する重要な技術であると言われております。
ソラミツは、ブロックチェーンを活用し、世界中の金融包摂やSDGsなど様々な社会課題の解決に向けて活動を開始しています。私はこれらの活動を全面的にサポートしていきたいと考えております。ソラミツをどうぞ宜しくお願い致します。
"

クオンタムリープ(株) 代表取締役 ファウンダー 出井伸之氏 のコメント
出井伸之 氏 略歴

1937年東京都生まれ。1960年早稲田大学卒業後、ソニー入社。主に欧州での海外事業に従事。オーディオ事業部長、コンピュータ事業部長、ホームビデオ事業部長など歴任した後、1995年社長就任。以後10年に渡りソニー経営のトップとしてソニー変革を主導。退任後、2006年9月にクオンタムリープ株式会社を設立。大企業変革支援やベンチャー企業の育成支援活動を行う。NPO法人アジア·イノベーターズ·イニシアティブ理事長。社会運動「アドベンチャービレッジ」村長。2020年4月より現職。

"ソラミツは、カンボジア国立銀行と中銀デジタル通貨「バコン」を共同開発し、令和2年10月末に正式運用がスタートしました。バコンは技術的·社会経済的レベルの両方においてより優れたものとなりました。セントラル·バンキング誌 (「Central Banking」誌 ) は、競合するシステムを体系的に評価した結果、ソラミツに初のFinTech & RegTech Global Award for Central Bank Digital Currency Partnerを授与することを決定しました。ソラミツにとってこの受賞は、「世界中の金融システムを改善し続けていく」という私たちのゴールへの道程におけるマイルストーンです。
出井さんにソラミツに参加していただき、この活動をさらに促進し、その革命的進歩をリードすることに一緒に取り組んでいきたいと思います。"

ソラミツホールディングスCEO 武宮誠 のコメント


"私はソニー出身であり、出井さんとはたびたび一緒に仕事をさせて頂きました。前職において日本初の電子マネー「Edy」を創業した際も、出井さんに何度か事業計画を説明しソニーからの投資の了解をいただきました。
ソニー時代に出井さんから、世界中の誰も実現していない事業をやろう、インターネットを活用して、ハードウェアの販売ではなくサービスを提供して収穫逓増を実現するビジネスを生み出そう、最初からグローバルに志向しようとご指導を頂いたことを思い出し、ソラミツの事業を進めてきました。
今回、出井さんにソラミツに正式に参加していただくことで、グローバルなネットワーク、プロダクト·デザインやマーケティングなどの豊富な知見、豊富な事業運営経験を活用させて頂き、ソラミツのブロックチェーン技術を活用して様々な産業にイノベーションを起こし、社会課題を解決していきたいと思います。"

ソラミツ代表取締役社長 宮沢和正 のコメント


ソラミツについて

ソラミツはブロックチェーンベースのインフラストラクチャー、決済システム、本人確認ソリューションの開発に特化した日本のフィンテック企業です。

  • カンボジア国立銀行と共同で、ソラミツは世界初の中央銀行によるローンチとなるブロックチェーンベースの決済システム「バコン (Bakong)」を開発しました。セントラル・バンキング誌はこの成果を評価しソラミツに初のCentral Bank Digital Currency Partner Awardを授与しました。
  • ソラミツは「ハイパーレジャーいろは (Hyperledger Iroha)」 というオープンソースのパーミッション型ブロックチェーンプラットフォームのオリジナル開発者および主要な開発貢献者です。いろはは様々なビジネスや金融機関におけるデジタルアセット管理やアイデンテティ管理を容易にすることを目的としています。
  • ソラミツはWeb 3.0 Foundationから、分散型トークン交換プラットフォームの「ポルカスワップ (Polkaswap)」のみならず、「かごめ (KAGOME)」というPolkadot HostのC++実装についても助成金を受けてその開発を行なっています。
  • ソラミツはクサマ基金 (Kusama Treasury) から助成金を受け、フィアレス・ウォレット (Fearless Wallet) と呼ばれるオーダーメイドのモバイルクライアントアプリケーションを開発しています。本アプリはKusama・Polkadot両ネットワークにおけるP2Pの自己管理型トランザクションを特別な機能やユーザー体験と共に提供します。
  • ソラミツはファイルコイン (Filecoin, FIL) 開発者のProtocol Labsから委託を受け、ファイルコインプラットフォームのC++実装であるFUHONの開発を行なっています。
  • ソラミツはさらに、商品やサービスが市場へ供給される方式の変革を目的として、SORAという画期的な分散型経済システムを開発しています。より詳しい情報はsora.org をご覧いただき、AndroidではGoogle Play Storeで、iOSではAppStoreからスマートフォンアプリSORAをダウンロードしていただけます。
ソラミツの技術やビジョンについてより詳しくは、公式ウェブサイトをご覧ください。
広報に関するお問い合わせ

担当者: 武宮誠
Email: press@soramitsu.co.jp

ソラミツ株式会社
東京都神宮前1-5-8 神宮前タワービルディング13階
TEL: 03-6635-2705